イラスト 栄養生化学実験 <第2版>

実験操作のみならず実験経過やその結果に重点を置き,楽しい実験室を目指しチャート式・イラストを用いたユニークな実験書.

著者 相原 英孝
竹中 晃子
田村 明
長谷川 昇
ジャンル 栄養・生活科学
教科書  > 採用見本
化学
教科書
目的 イラストシリーズ
管理栄養士・栄養士
出版年月日 2021/10/01
ISBN 9784808260774
判型・ページ数 B5・128ページ
定価 2,200円(税込)
在庫 在庫あり
第2版2刷

この本へのお問い合わせ

試し読みはこちら

(1)からだの働きをよく深く理解するために,代謝に焦点を絞り編集.

(2)実験操作をチャート式で,かつイラストを用いて表現した.

(3)全実験を目的,序論,方法,結果,考察の順に配列し理解しやすくした.操作・考察・悩んでみよう不思議な点は,実験中にテキストに書き込みできるように配慮した.

【ご採用者特典】
ご採用いただいた方には,実験のちょっとしたノウハウや,用意すべき試薬の調製,器具類の準備をまとめた資料(PDFファイル)をご提供いたします.右上の「お問い合わせ」よりご連絡下さい.

第1章 実験を始める前に

第2章 操作の基本

第3章 酸とは何か,アルカリとは何か―測ってみよう,レモンのすっぱさ

第4章 糖質実験Ⅰ―でんぷん,食べるとどうなる

第5章 糖質実験Ⅱ―グルコースは細胞の中でどう変わる

第6章 脂質実験―卵の黄身,食べるとどうなる

第7章 タンパク質実験―卵の白身,食べるとどうなる

第8章 核酸実験―取り出して見てみようDNA

第9章 酵素実験Ⅰ―酵素の特徴:反応時間,基質との親和性,阻害剤

第10章 酵素実験Ⅱ―酵素の特徴:温度依存性,pH依存性,補酵素

第11章 尿成分実験―尿でわかるタンパク質摂取量

第12章 動物実験―不可欠アミノ酸とネズミの成長

第13章 細胞分画―分けてみよう核やミトコンドリア

第14章 タンパク質・アミノ酸の定性反応

第15章 糖の定性反応

ご注文

2,200円(税込)

ネット書店で購入する

シェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加