ホーム > 理工系一般化学

理工系一般化学  新刊 これから出る本

<第2版>

理工系一般化学

「化学とは考える学問である」ことを喚起したいという意図のもとに,多くの図版や演習問題を駆使して,化学の基礎を詳述する.

著者 篠崎 開
大窪 潤
大野 清伍
柴 隆一
鈴木 隆之
藤本 明
ジャンル 化学
出版年月日 2018/04/01
ISBN 9784808230548
判型・ページ数 B5・192ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 未刊・予約受付中
第2版1刷
採用見本のご請求はこちら
 

目次

 1章 原子の電子配置と周期表
1.1物質を構成する粒子
1.2水素原子のスペクトルとエネルギー量子
1.3電子の波動性とシュレディンガーの波動方程式
1.4電子配置と周期律

 2章 化学結合
2.1化学結合
2.2分子の極性

 3章 化学反応
3.1化学反応の基本概念
3.2化学反応の種類
3.3有機化合物の反応

 4章 気体—液体—固体
4.1気体
4.2気体分子の運動論
4.3液体(相変化;相平衡)
4.4状態図と相律
4.5固体
4.6液晶
4.7結晶構造

 5章 溶液
5.1溶解
5.2固体の溶解度
5.3溶液の濃度表示法
5.4理想溶液と理想希薄溶液
5.5気体の溶解度
5.6束一的性質

 6章 反応速度
6.1反応速度の表し方
6.2化学反応速度式
6.3不可逆反応の速度式
6.4反応速度の温度依存性
6.5触媒

 7章 化学平衡
7.1化学平衡
7.2電解質溶液の平衡

 8章 電気化学
8.1金属のイオン化傾向
8.2電気化学セル
8.3起電力と電極電位
8.4実用の電池
 
 付録 基礎事項
1.物質の量
2.国際単位系
3.基本物理定数
4.圧力およびエネルギー単位の換算表

このページのトップへ

内容説明

1.本書の構成・章立ては,半期の講義で終了することを考慮した.

2.熱力学は特に章立てはしていないが,必要な箇所で適宜説明した.

3.程度の高い内容でも,重要事項は初歩から詳解した.

4.例題を豊富に採り入れ筋道を立てて解説し,練習問題には解法と詳しい解答を付した.

このページのトップへ