ホーム > イラスト 公衆衛生学

イラスト 公衆衛生学  新刊

<第5版>

イラスト 公衆衛生学

最新のデータと数多くの図表とイラストを駆使しながら,公衆衛生学を平易に解説.

著者 石川 哲也
大谷 誉
中村 亮
成田 美代
吉岡 義正
吉川 博
ジャンル 栄養・生活科学
出版年月日 2017/04/01
ISBN 9784808260552
判型・ページ数 B5・180ページ
定価 本体2,200円+税
在庫 在庫あり
第5版1刷
採用見本のご請求はこちら
 

目次

 第1章 公衆衛生学の概要
1.1みんなの健康を定義する
1.2病気は予防がお得
1.3ライフスタイルが健康に大きく影響する
1.4健康増進に果たす公衆衛生学の役割

 第2章 わが国の健康レベルの現状
2.1集団の健康レベルの指標
2.2人口に関する統計
2.3どんな疾病で人は死ぬのか
2.4平均すると人は何年生きるか
2.5先進国と比較した日本の健康水準のレベルの高さ
2.6日本における病人やけが人の状況

 第3章 疾病の原因を探る
3.1疫学の基礎
3.2疫学の調査・研究法
3.3感染症の疫学
3.4いくつかの病気の発生メカニズムと対策
3.5主な感染症の特徴と発生動向
3.6主な非感染症(生活習慣病)の動向と予防
3.7精神保健

 第4章 環境と人
4.1自然と共に生きる
4.2地球規模の環境問題
4.3地球環境を保全するための対策
4.4公害
4.5生活のための環境

 第5章 健康の管理
5.1自分の体の状態を知る
5.2母と子の保健
5.3学校生活における保健
5.4職場における保健
5.5中高年齢者の保健
5.6家庭における保健
5.7地域の組織的保健活動

 第6章 社会保障のシステム
6.1社会保障の概要
6.2医療保障
6.3所得保障
6.4社会福祉
6.5社会保障のコスト

 付図 
問題となった主な化学物質の構造式
 付表
1.わが国の主な指標の推移
2.主な指標の日本と欧米諸国との比較
3.主な感染症の特徴
4.環境関係の基準
5.家庭用品に関わる基準
6.食事摂取基準
7.食品中の化学物質の例
8.水道水の水質基準
9.健康診査の項目と意味
10.学校の検診における主な疾病・異常被患率
11.介護保険制度

このページのトップへ

内容説明

最新のデータと数多くのイラスト,表を駆使しながら公衆衛生学を平易に解説.最近の話題を取り入れ,特に環境問題についても充実を図った.

このページのトップへ